自分の理想

レストランの窓

住宅は、人生で最も高い買い物と言われています。
地域や広さや築年数にもよるのですが、一般的には数千万円ほどするので、気軽に何度も買い替えをすることができるものではありません。そのため買い替えをしなくても良いように、日頃からメンテナンスをしっかりとおこなっておく必要があります。

そのひとつとして特に重要なのが、外壁塗装や屋根塗装です。
外壁も屋根も、住宅を守るためのものですが、徐々に経年劣化をしていきます。亀裂が入ったり、カビが生えたりサビついたりするのです。
そのまま放置していると、雨漏りなどのトラブルが起こるようになりますし、住宅が全体的にもろくなってきます。しかし塗装による防水工事をおこなっておけば、耐久度は一気にアップするのです。
現在は不景気ですから、住宅を買い替えずに長持ちさせることのできる塗装工事の需要は、ますます高まっていくと予想されています。

ただし、外壁塗装も屋根塗装も、単に塗料を塗れば良いというものではありません。まずは下地補修からしっかりおこなう必要があるのです。
下地補修とは、亀裂が入った部分を埋めて修復したり、カビやサビを除去したりすることです。
これらをおこなっておかなければ、上から塗料を塗っても、塗料の下で亀裂がどんどん広がったり、カビが繁殖したりサビが増えたりするのです。
また、塗る塗料もしっかりと選ぶことが大事です。安価なものを選ぶと、紫外線などの影響で簡単にはがれてしまいますが、品質の良いものを選ぶと、長持ちします。
たとえばシリコン系の塗料は、紫外線に強いですし水も弾くので、一度塗れば10年ほどは良い状態を維持することができます。

紫外線や水に強いということも大事ですが、柔軟性があるかどうかも大事です。
住宅は、強風や地震などの影響でわずかですが歪みが生じます。
その歪みが外壁や屋根に亀裂を入れてしまうのですが、外壁塗装や屋根塗装に柔軟性の高い塗料を塗っておけば、亀裂が入ってもそれによる雨漏りなどのトラブルは生じにくくなるのです。
塗料は裂けずにゴムのように伸びるため、亀裂がカバーされるからです。
つまりその部分からは、雨水はもちろん、カビやサビの原因となる物質も入らないというわけです。
住宅の耐久度は、外壁や屋根に塗る塗料によって決まると言っても過言ではありません。
一度雨漏りなどを起こすと、修理にはかなりのお金がかかることになるため、塗装による防水工事を定期的におこなっておいた方が、かえって安くつくという場合が多いです。