多くの専門企業

手のペンイント

新築から10年を過ぎると、そこに住んでいる人も歳をとりますが、同じように住宅もまた歳をとっていきます。
日本の住宅は諸外国の住宅に比べると耐用年数が短いのです。
これはさまざまな理由がありますが、一番の理由として挙げられるのは高温多湿だからです。
そうすると木材は傷みやすく、時間とともに劣化が激しくなります。
では、劣化を少しでも遅くするにはどうしたらいいでしょうか。
ヒントとなるのが家の外壁です。
外壁は水、雪、風、太陽に晒されるため知らないうちに劣化が始まります。
その劣化が原因で、今度は家の基礎部分が傷んできます。
そうだとすれば、外壁の穴や傷、割れ目をしっかりとふさぐことで、住宅の劣化を遅らせることができるようになるのです。

外壁工事をする場合に気になるのはその価格です。
少し例は違いますが、新築の家を一棟建てるのに外壁には全体の2割から3割ぐらいのお金をかけます。
ただ、リフォームの場合は0から作るわけではないのでそれほどはかからないと言われています。
一般的に外の壁だけならば100万円もあればできるでしょう。
あとはその素材次第です。
鉄筋コンクリートの場合は、壁を直すのはその壁の状態によっても随分と時間とお金が変わってきます。
ひび割れだけだったらその箇所をふさぐことで解決しますがごっそりと壁が落っこちている場合ではただ表面を塗っただけでは解決をしません。
まずあh下地を固めてその後に外壁を塗って、さらに再塗装しないといけません。