判断基準

コンクリートの壁

建物は風雨に晒され、いずれはメンテナンスを行う必要があります。メンテナンスの種類としては、外回りであれば外壁塗装や屋根塗装、また屋上などの場合には防水工事があります。
一方で内側の場合には内装や水道の配管などがあります。
内側に関しては、それほど傷んで居なければメンテナンスを行う必要はありませんが、外回りに関しては、必ず行わなければ建物の寿命を縮めることになります。
主にメンテナンスは20年から30年に一度の割合で行うものですが、おおむねそれより短いサイクルで行うと建物の寿命を大幅に伸ばすことができます。
特にメンテナンスを行なって隅々まで点検してもらうことで、普段から気づかない場所の破損を発見することで、酷くなる前に修理を行うことができ、結果として余分な修理費用を出費しなくて済みます。
また塗料も年々進化しており耐久性や機能性が向上したものがあります。
主に外壁塗装で気になるのが汚れですが、近年の機能性塗料では光触媒を通じて汚れが付きにくいものとなっています。また新しい塗料が登場する一方で、それまで高級塗料とされていたものがポピュラーな塗料となって値段が下がり安価にメンテナンスを行えるようになっています。

これまではリフォームと一緒に行われる事が多かった外壁塗装や屋根塗装ですが、今では建物のメンテナンスとして行われることが多くなったことを受けて、多くの業者が手掛けるようになってきています。そのために、費用の方でも価格競争によって全体的に安くなってきています。
中にはその工程を省くことによって安い料金提示をしているところもありますが、下地処理がきちんと行われていないと塗装は剥げやすくなるので注意が必要です。
そのために、その作業の工程を写真で細かく紹介している業者が多いので、安心して任せることができるものとなります。